指きりげんまん 嘘ついたら 遠くに引っ越す


by sholitude
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

三十と三つ

2月25日

古い屋敷のような、未来都市のような、時空間のような場所に人の姿が見える。自分もその場所に飛び込む。

そこには流れている人やとどまっている人、沈んでゆく人や浮かんでゆく人がいる。

ある程度の時が経つと、自分の居場所が見えてくる。行きたい場所や行けない場所も判るようになる。
同じ向きに同じ速さで流れている人と、心が通う幻を見る日がある。
いつもはねじれの位置にいた人が、何故か隣に居るような日もある。
ずっと姿を見なかった人が、当たり前のように現れることもある。

ネット大喜利のそういうところが好きです、ってことをまとめたくなった。もう少しだけ頑張ってみようと思います。
[PR]
by sholitude | 2010-02-25 23:41 | 大喜利