指きりげんまん 嘘ついたら 遠くに引っ越す


by sholitude
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

すぐに歩き出せる

ペンフェ(南極宗ペンギン教)さんが7代目グリーンエンペラーになりました!
おめでとー!

エンペラーになる人は、「どうしてもエンペラーになりたい人」だと思います。
大喜利に限らず、大一番の勝負ってそういうところがありますよね。

ペンフェさんみたいな人(ブログの最新記事が戸川純の玉姫様みたいな人)が、
どうしてもエンペラーになりたいと思っていたことが小気味良く嬉しいです。
思い込みかもしれないけどね!

+---+---+---+
むーちー2という大喜利の大会で、まばたき発電所に勝った話をします。

まばたき発電所のオリジナルメンバーは、
いか(いかそうめん)さん
ところ(処之助)さん
するめさん
まうす(Mouse@喪女)さん
の4人です。


いかさんは、参加している時間帯が被っていることと
いつも結果画面の上のほうにいるせいで、
ボケを累計2000個以上見てると思います。

最近、いかさんのボケが変わってきた気がしていました。
大リーグのメジャー1位を獲った「仏にもう一撃」は俺の知ってるいかさんですが、
むーちー2回戦のお題1で2位だった「レンガぶつける」には少しびっくりしました。
放課後の「勝訴宇宙飛行士」もびっくりしたけど、あれに近い感覚です。
関が原でもそれを感じました。orokot戦の時のボケとか。

得票率を突き詰めた人が、更に変わろうとしているのが
ちょっと怖いな、どこまで行ってしまうんだろうな、と恐々見てました。


ところさんは、むーちー2が初めての大規模なチーム戦だったんじゃないかな。
俺の知る限りはそうです。

PHPでしている通りのボケをしてくるんだろう、
そして多分そんなに活躍はできないだろう、と失礼にも思っていました。
いかさんと票を食い合ってしまうかな、と。
前者はその通りで、後者は完全に予想が外れました。
すげー…というのが素直な感想です。


するめさんのことはあまり考えないようにしていました。
実績(ぼけクラ優勝、放課後優勝)がとんでもない。
外さないし爆発力もあるので、考えすぎると呑まれて負ける。

ただ、「イケメンで性格も良い」という情報が手元にあったので
そこだけは念仏のように唱えていました。
イケメンで性格も良い奴に大喜利でも負けて、
自分どうするの?仏門にでも入る?という話です。
うす暗い燃料にしていました。


まうすさんにはまばたきメンバーの中で
一番4点付けることになるだろうと思っていましたが、その通りになりました。
「サポセンに来る」とか「考えたこともない」とか「楽譜トントン」とか。
1ファンとしてボケを見るのを楽しみにしていました。


最初に助っ人として入ったのがぷりんくんで、
これぷりんくんしんどいだろうなぁ…と思っていました。
会議のあるチームは、面白いネタができても
チーム内で方向性が被ったら一番柔軟性の高い人が
自然とネタの質を調整することになる。
柔軟性ではぷりんくんが一番だと思うので、
助っ人という立場もあって、そういう場面が多かったんじゃないかな。

そんな中で「干し柿だから熟さない」を捻り出してきたのは凄いし
5人に対して1人で振れ幅を作った
「土っ星!土っ星!」は文句無しにかっこ良かったです。


2人目の助っ人にぶっちーさんを選んだのを見て、
まばたきのストイックさに痺れました。
この2年弱で、いわゆる最強チームが栄冠の3歩手前くらいで
ストンと負けるのを何度も見てきました。
多分本人達が一番意識していただろうに、
差し色を使うことなくしっかりカラーを統一してくる姿勢が王者っぽかったです。

+---+---+---+
という、まことに勝手な妄想でした。
今日の日記は妄想ばっかりじゃ。
失礼なところがあったら申し訳ないっす。

伝統芸能にあるような美しい型を見せてもらいました。
ありがとうございました。
ということがどうやら言いたかったようです。

あー。俺もしっかりやるぞー。
[PR]
by sholitude | 2010-04-02 03:35 | 大喜利