指きりげんまん 嘘ついたら 遠くに引っ越す


by sholitude
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

意味がなくて穏やかなもの

善いだけのものは、日々の暮らしの中ではなかなか見付からない。

「善い」を主観的に定義する。悪意が無い状態、とする。
まず、人については絶望してよい。善い人はいても、善いだけの人は居ない。「善人はなかなかいない」だ。
人以外の生き物はどうだろう。やはり難しいように感じる。悪意も善意も行動原理に無い。何故か蟹には期待しても良い気がする。横にしか動けないからか。
有形物だと建築物が狙いに近い。森や街といった有形物の集合体も善いだけの場合がある。水には無限の可能性がある。

無形物には総じて期待して良い。特に絵画や音楽は稀に善意のみで構成されている。或いは善意のみを希救している。

有形物を無形物の容れ物とすればどうか。人とレコードの同一視。やはり危険な発想なので捨てる。
[PR]
by sholitude | 2010-06-16 09:11 | 日記