指きりげんまん 嘘ついたら 遠くに引っ越す


by sholitude
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カティストゥータは固い9

蝶は不具だった。左の触覚が付け根で千切れていた。人差し指と中指で羽を摘んだまま、夕日が地平線に触るまで固まっていた。私の虫かごに入るのと、花も無い野に戻されるとの、どちらにしてもなんて不幸な。何故関わってしまったのだろうと、己の虫取り網を呪った。5時の鐘が鳴るので、私は手を離した。蝶はふらふらと飛び、自己紹介をして去った。カティストゥータ、不幸でも幸せでもない蝶。私はまだ、喪うことを得るということを知らなかった。
[PR]
by sholitude | 2010-09-05 23:18 | カティストゥータ