指きりげんまん 嘘ついたら 遠くに引っ越す


by sholitude
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カティストゥータは固い10

影の先っぽが曲がり角、吸い込まれるまで見送って、千切れるくらい手を振って、色んな終わりがあるけれど、気配がやっと消えるのは、それよりずっと後のこと。
思い出すたびよみがえる、思い出すたびそこにある、指の先までしんとした、朝日がのぼるすこし前、カティストゥータは思い出す、誰かのかけらをたべている。
[PR]
by sholitude | 2010-09-15 09:00 | カティストゥータ | Comments(0)