指きりげんまん 嘘ついたら 遠くに引っ越す


by sholitude
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カティストゥータは固い12

何故地理にも動物にも詳しくない私が冒険家になったのか。今日は朝から晩まで、大きな一本角を持つがっしりとしたいきものの親子に追われていた。子の歩調に合わせているのか、それとも元より私を捕食する気が無いのか、足場の悪い川沿いを無我夢中で逃げる私を、彼等は至極ゆっくりと追い詰めた。
コンテナの中に逃げ込んでから何時間経ったのか。逃げる途中で岩に激しく打ち付けて、腕時計は無くなった。喉が朽木のように渇いているが、涙の水筒もとうに枯れている。せめて時間だけでも知りたい、知りたい、知りたいと願うとコンテナの冷たく波打つ鉄板にデジタル表示の時計が投射された。緑や赤や白にめまぐるしく色を変えながら(色だけではない、それはストップウォッチになり、カウントダウンになり、ノット単位の計測装置になっていたが、カティストゥータは気が付かなかった)私を喜ばせた。
[PR]
by sholitude | 2010-10-04 09:09 | カティストゥータ