指きりげんまん 嘘ついたら 遠くに引っ越す


by sholitude
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

無かったことを思い出す

昨日は洗いたてタオルケットの肌触りに負けて、9時頃に畳の上で寝てしまいました。2時間眠った後に夕飯を食べてお風呂に入り、少し話をしてまた寝たのだけれど、そんな夜は大概カバの肌みたいなマッシブインパクトの夢を見る。
内容は割愛だけど(枝葉末節しか覚えていない)、適度にリアルで適度にアンリアルな劇が記憶をなぞるみたいに進み、日が昇る6時くらいになって、不意にこれらが「思い出し」ではなく99%の創作だと気付かされる。そこからの1時間が出版社のエントリーシートばりに長い。とろ火で煮られるような超レム睡眠が終わり目覚ましが鳴ると、ゆらゆらワカメの忘我覚醒状態、とにかく何もしたくない!
とかいいながら、頭自体はずっと前から起きているから、妙にシャキシャキ動けるものなのです。ご飯を食べて、少し話をして、日常の中で揺れが収まるようにただの湖に戻るんです。月曜日!
[PR]
by sholitude | 2010-11-08 09:22 | 日記