指きりげんまん 嘘ついたら 遠くに引っ越す


by sholitude
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

トルストイ先生と考察するかもしれないボケ共産主義論(時々真野ちゃん)

 大喜利が唯一の生活手段であるような人間を想像してみよう。この男は、師も友人も大喜利人だったので、票を上手に取るには、言葉尻をどう扱えばよいのかを、あらゆる部分にわたって、ききおぼえでちゃんと承知している。この男は、笑いのことはわからぬながら、集票が手際よくゆくように、投稿のあらゆる部分をできるだけ調整してきたし、生活を立て、口を糊してきたのである。
 
 ところが、この男がたまたま大喜利の構造について考えたり、笑いについてのなにやら怪しげな解釈を耳にしたりすることがあって、票がどうして取れるのかを観察するようになった。

 そして、投稿のタイミングから文の長さに、文の長さから模範解答に、模範解答からすかしに、すかしからメンツに、投票心理にと観察をすすめ、ついには、問題はすべて人と自分にあることをはっきり理解するにいたった。男はこの発見に喜んだあまり、以前のように、出てくるボケの質をくらべながら、お題を近づけたり遠ざけたり、少し休んだり、気持ちを張ったりゆるめたりする代りに、人を研究するようになった。そのため、彼の投稿はすっかり調子が狂ってしまった。男は、見当はずれのことをしていると言われるようになった。彼は議論し、なおも人についての考察を続けた。こうして永い間ひたすらその研究をつづけ、思考方法の誤りを指摘してくれた人たちとむきになって大いに議論した結果、しまいには当人まで、人がすなわち大喜利そのものであると確信するにいたった。

 彼の考えを誤りとするすべての論証に対して、男はこう答えるだろう。どんな投稿だって人がいなければ票を取れない、したがって、大喜利を知るにはどうやって人の心を引くかを知らなければならないし、人の思考や、その力がどこから湧くかを知らなければならない、したがって、大喜利を知るには人を知らなければならないのだ、と。

 論理的には、男のこの考察には反駁しえない。男のこの迷いをさましてやる唯一の方法は、どの考察においても大切なのは、考察のそのものよりもむしろ、その考察の占める地位であること、つまり、Love&Peace=パラダイスである。



 真野ちゃんかわいいっすね。

 大切なのは、考察のそのものよりもむしろ、考察の占める地位であること、つまり、みのりの多い考え方をするためには、何を先に考え、何をあとで考えるべきかをわきまえねばならぬということを教えてやることだ。また、理性的な活動がかっこいい芋的な活動と区別されるのは、もっぱら、理性的な活動は、どの考察が一番目で、二番目、三番目、十番目はどれであるべきかといった具合に、重要さの順に応じていろいろの考察を配置する点であることも、教えてやらなければいけない。ところが、かっこいい芋的な活動は、この順序を持たない考察なのである。さらに、この順序の決定は、偶然ではなく、考察の行われる目的によるものだということも、教えてやる必要がある。

 すべての考察の目的がこの順序をも決定するのであり、個々の考察が理性的なものになるためには、それらがこの順序に従って配置されなれけばならない。

 そして、すべての考察に共通する目的に結びつかぬ考察は、たとえどんなに論理的なものであろうと、かっこいい芋なのである。

 大喜利人の目的は、人を笑わせることである。だから、彼がそれを見落とさぬかぎり、文の長さや、模範解答、言葉選びについての考察の、明白な順序や一貫性は、その目的が決めてくれるだろう。

 考察の目的に対するこうした態度がないので、男の考察は、たとえどんなに立派であり論理的であろうと、それ自体、誤ったものとなるだろうし、何より、むなしいものとなるだろう。それはちょうど、もしテリーやぺしゃぼみたいに投稿するとしたら、票の数はどれくらいになるだろうなどと考えたドブキョン・フォンデーィナ(訳注:どぶろぐ♪「どぶきょんカテゴリ」の登場人物)の考察に類するものになるだろう。そして、わたしに言わせれば、真野ちゃんのOSOZAKI娘は最高である。



 最初のサビ終わり(1:35)で自分の声の安定具合に「よし、75点くらい」って笑うんだけど、最後のサビ終わり(3:36)でフラットしてしまい「うわ、37点くらい」って思ってる真野ちゃんかわいいっすね。

+---+---+---+
トルストイ先生、ありがとうございました。
19世紀末にソフマップ・赤の広場店において本論を若干モディファイした新刊の水着即売会が行われるので、タイムマシンをお持ちの方(charaとか藤井フミヤとかサディスティック・ミカ・バンドの皆さん)は是非。


うん。
ボケ共産主義に袖も触れてない。

























真野ちゃんかわいいっすね。茶髪?え?なにそれ?
[PR]
by sholitude | 2010-11-30 13:21 | 大喜利