指きりげんまん 嘘ついたら 遠くに引っ越す


by sholitude
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

満月電車

帰りの電車は、いつも悔しい思いを抱えながら、つり革をギュッと握っています。

みんな、同じなのかな。

今日も悔しい。

イコライザーがイラコイザーだったら平子理沙にかなり似るという事実は、他人事ながらかなり悔しい。

惜しい、悔しい、口惜しい(ミラーボールに寄ると思わせてDJ赤坂に寄るカメラ)。


平子理沙の方から歩み寄って「ひこら理沙」というのは、彼女の芸能活動を考えると少し現実的ではない。

『ひこら理沙、脱いだ!』と言われても、袋とじを開かない気がする。ミシン目に折り目入れて、切り離し部分をくねくねさせているうちに襲ってくる「俺、何やってるんだろう感」…


後はイコライザー側の妥協を引き出すアプローチだけど、これは至難の技と思われる。


イコライザーはそのままでも「ニコライさん」に似ているから。


「ニコライさん」はニコライ二世を含む、ニコライっぽい人々を引っ括めた呼称。平子理沙がジャンヌ・ダルクの生まれ変わりだったとしても、相手にするには分が悪い。


ありません。打つ手なし。

惜しい、悔しい、口惜しい(ミラーボールに寄ると思わせてマルシアの計算され尽くした驚き顔に寄るカメラ)。
[PR]
by sholitude | 2013-02-20 21:01 | 日記