指きりげんまん 嘘ついたら 遠くに引っ越す


by sholitude
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

音魂 ℃-ute Cutie LIVE 2013 summer〜 Queen Of OTODAMA〜

追試さえ受けさせて貰えない程遅くなったけど、レポートを提出ボックスにポン!

逗子海岸に掘っ立てたライブハウスに客を1000人詰め込み、℃-uteがちょっと高いところに上り、1時間半ばかし歌って踊るイベントでした。

中は換気ほぼ無しの37℃くらい、下は砂。蒸発した汗が天井で水滴に戻ってポタポタ落ちてきます。

整理券300番代でセンターに入って、5〜6列目くらいに。
元男子バレーボール日本代表の大竹選手の身長くらいの距離に、℃-ute(ステージとの距離じゃなくて℃-uteメンバーとの距離)が…℃-ute(ハロープロジェクトに所属する5人組のアイドルグループ)が…℃-ute(色々あって芳一さんを救うには、私達5人が芳一さんの全身を漢字で埋め尽くさないといけない。でも、そんなに漢字書けるのか…と不安気ななっきいが握り締めている小筆を、舞美が奪い取るや否やへし折り、清水寺の住職から借り受けたんだろうね、年末に沢山のテレビカメラに囲まれてアホでかい半紙に今年の漢字を書くときに使う、アホでかい筆で芳一さんの背中に「たのばる」とだけ書いておしまい、みたいな話があってもいいかもしれません)がいました。やったー!

【01. 夏DOKIリップスティック】

やりましたー!どきどきどひゅー!
℃-ute屈指の夏歌、舞美ソロ曲を5人で。
去年のセットリストに無かったけど、敢えて外してたんだろう、今年はやるんだろう、どきどきどひゅーってなんだろう、と思っていました。


【02. 暑中お見舞い申し上げます 】

やりました!やった謙譲語やったー!
赤い衣装が記憶に新しいキャンディーズのカバー。
℃-uteのお嬢さん要素を少なからず好ましく思っているので、超ハイパー嬉しい選曲でした。「時計を逆さに回してます」の部分、記憶がありません。

【MC】
今日の衣装を自分達で買いに行った話中心。
「俺も自分の衣装は基本的に自分で買うなぁ…」とぼんやり。熱中症の初期症状。

【03. GO GO GO!】
やったか?やったか?やったー!やりましたやったー!
恐らく今回一番のレア曲。
意識がオンラインのときに聴いたのは1度だけで、22cとハロプロ談義したとき。スペサン!

【04. 世界一HAPPYな女の子】
なにかよくわからないけど、やったー!
最初の円陣、やったー!
Aメロ最後の足スタァーンってやる振り付け、やったー!

世界一HAPPYな女の子、という曲のタイトル、やったー!

やったー!

【MC】
内容を忘却の空。いいんだ、DVDが楽しみです。
次はメンバーを二組に分けるシャッフルコーナーです、と言っていた気がします。


【05. 君の戦法 / 中島・岡井・萩原】
霧深い夜に魏の守備隊が居並ぶ川岸ギリギリで頭上を守りながら舟を漕いでたら…?あれ…?矢が100万本集まった、やったー!
なっきいがジェットコースターに乗りながら歌った件で著名な曲。久しぶりに聴きました。
この3人が先発したことにより、次の曲が大好きなやつであることがほぼ確定してしまい、終始ソワソワしていました。許されたい…。

【06. イメージカラー / 矢島・鈴木】
関ヶ原7のエンドロール、「正体」のとこ、何の迷いもなくtruecolourってイギリス綴りにしたなー!やったー!
イメージカラーは本当に大好きな曲で、心の中で何故か「ちくしょう…ちくしょう…」と呟いていました。
有り得ないほど嬉しいことがあった場合に良く起こる現象です。

【MC】
夏の思い出話。内容をロストリバーデルタ。MCの間に水を飲まないとマジでヤバいんです。
舞美がサンダルを破壊した話とか。

【スイカ割り対決】
後ろのお客さんにさっぱり見えなかったそうで(5列目でもスイカは殆ど見えませんでした)、賛否両論だったようですが、℃-uteがスイカ割りをしなかった世界線を冷酷無比に描写したブラッド・ピット主演の超大作、「ワールド・ウォーZ」の封切りが議論の趨勢を決めてくれると思います。
愛理が棒を振る前に「レフトショルダーバックー!」と叫びました。

【07. 悲しき雨降り】
やったー!神の御慈悲だー!豊作だー!かかしずぶ濡れやったー!
最新両A面シングルから。イントロの「えらいやっちゃ!えらいやっちゃ!」みたいなダンス、生で見るとかっこいいのです。ふしぎ遊戯。

【08. Kiss me愛してる】
やったか!?いや、まだだ!(チュドーン)今度こそやったー!念のためにー!(チュドーン)
ねぇねぇパートの斜め並びは、5人なのに分厚さを感じさせます。
人数多いのに纏まりを感じさせるフリが多かった8人〜7人時代と比べ、全体を大きく見せようとする動きが増えたよね。今更ながら思いました。

【09. That's the POWER】
お客さん、どこまで?えっ?ウラジオストク?…冗談はマイカーでやっとくんな。ナビをご覧よ、この通り…って繋がってるー!大陸移動説やったー!
珠玉のミニアルバム、「2mini〜生きるという力〜」から唯一の全員参加曲。
初期〜中期の℃-uteライブでは屋台骨的存在でした。嬉しい選曲。

【010. ザ★トレジャーボックス 】
箱だー!開けたー!宝ー!金貨ー!やったー!
前回ツアー(私事で恐縮乍行けなかった)の表題曲、いわゆるトレボ。
ガツガツ叫ばせ飛ばせる構成の曲。フリコピが苦手なのでありがたいです。
雰囲気を感じることが出来ました。とても素晴らしいツアーだったんだろうという雰囲気。

【11. かっちょ良い歌】
モベキマス(ハロプロオールスターズみたいなもの)のシングル「ブスにならない哲学」のc/w。
わかりにくっ。風雲たけし城におけるそのまんま東の立ち位置と思って頂ければ、理解が早いです。
ハードルを上げてるのか下げてるのか判らないタイトルですが、実際かっちょいい歌だと思います。
この頃には三列目くらいにいました。
前の戦士達が水分とテンションの配分をコントロールできず、ダビスタの無印逃げ馬みたいにズルズル後退してゆく。

こっからアンコール。
℃-uteコールしているうちに2本目の600mlベットボトルが空になり、ここでスベースのある後方まで下がりました。命は大事。

【12. Danceでバコーン!】
水鉄砲(超でかいかっこいいやつ)を持って登場したメンバー、間奏で客席に噴射。
昨年に引き続き、高松城気分を味わえる猪口才な演出です。これ目当てで参加している変な人一同、歓喜。やったー!

マイマイは去年水鉄砲の調子が悪かったのですが、覆水を盆に返す勢いで乱射。遠くまで届くのはいいけれど、至近距離にも全力噴射するので前方のお客さんは痛かったと思います。と他人事気取りでによによしていたら目に直撃を貰い、コンタクトレンズを洗浄してもらいました。助かる。

対象的に遠くの人には目一杯、近くの人には手加減してくれたのが舞美。これを言うのはバカにされるから嫌なんですが、舞美はドラクエ4に出てくる「しんじるこころ」というアイテムに似ている気がするんですが、有識者の皆さんどうでしょう…。

ちっさーはというと別の優しさを発揮し、終始遠くに飛ばそうと腐心していました。後ろのお客さんにも楽しんで貰えるように、前のお客さんが圧縮されないようにという姿勢。他のメンバーに敵わないところを人一倍見付けてしまうところ。素の自分を投影しやすいからこそ、彼女から学ぶことはずしりと重いです。GAMBAらなくっちゃね。

愛理は、いたずら顔で目一杯水鉄砲をシャカシャカ→トリガー引いてやっちまえ顔→水が出無くてあれれ顔、という表情の移り変わりが反則的に可愛かったです、によによ。『反則的に可愛い』などという90年代後半の地下二階的表現を引っ張り出した。

なっきぃはライブ中「なんなんだ、これ…」的な表情をしていて、ニュートラルにギア入れてホッとしながら水撒きといった具合でした。によによ。

【13. 青春ソング】
ここは本当に全く記憶がありません。

【14. 忘れたくない夏】
最後にやってくれて、本当にやったー!という気持ちでした。
去年の演目にもあったのですが、やはり最後はこれで幕にして欲しかったので。
昔は歌詞の幼さを遠くから斜めに見ていたのに、いつの間にかトランプマンが投げるトランプのようになっていました。野菜にスコスコ刺さるやつ。


終演。


1ヶ月後に武道館を控えた自信がメンバーに満ちていました。お客さんも。

℃-uteのファンはこの1年で確実に増えました。

一番幸せな時期の後にやってくる時期に対する、自分なりの楽しみ方を持っている℃-uteファンが多いことを願っています。

ツイッターで時々、自分への戒めとして「夢見る頃」と呟いていました。

「夢見る頃」は幸せの表現で、嘘みたいに思いが通じたり、願いが叶ったりする瞬間や時期の名前です。

今井麻美さんとたかはし智秋さんがアイドルマスターの黎明期にリリースした派生アルバムの一曲からタイトルを拝借しています。

何かを好きなままで自分も幸せになることは簡単でなく、好きなものが夢見る頃を過ぎたタイミングで自分も不幸だと、ガタガタッと裏返ってしまう場合があります。

夢見る頃が少しでも長く続くように、夢見る頃が過ぎても大丈夫なように。

℃-uteを誘蛾灯にしないぞ!
[PR]
by sholitude | 2013-09-14 13:51 | ハロー