指きりげんまん 嘘ついたら 遠くに引っ越す


by sholitude
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2011年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

カツサンド下さい

今回は勝つことについてです。

+---+---+---+
勝つことがとても好きです。

勝った体験は、将来スランプに陥ったときに
立ち返り、立て直す場所になります。

そして、単純に気持ちいい。
E気持というやつです。
D気持については、ちょっと待って下さい。

+---+---+---+
スポーツでもビジネスでも、
強者が勝利体験・勝ちパターンに拘泥して
自滅するように負けてしまう話があります。

その事例を引いて、
「だから、変わり続けないといけない。
勝利体験を捨ててチャレンジを」
という結論を導く論が、身の回りには多いです。

これは、どうかな、と思っています。
英字新聞に包まれた焼き芋くらい、
どうかな、と思っています。

ひとりの人が結果を残せるパターンなんて
そんなに多くない、と思うからです。

勝利体験を捨てて、まっさらから再チャレンジして、
次の頂点に行ける人がどれだけいるでしょうか。

勝利体験をベースにして
自分の土俵に強引に持ち込んだり、
少し加工して転用するのがやっぱり効率的です。
[PR]
by sholitude | 2011-08-17 23:25 | 日記
e0185243_4112598.jpg

午後9時頃です。
今日はプロ野球の公式戦が無く、東京ドーム前はとても静かでした。

e0185243_49161.jpg

用事を済ませ、ラクーアの中華料理屋さんで
野菜のたくさん入った汁そばや餃子を食べて、
水花火をみてから、水道橋駅のホームに向かう途中です。

e0185243_4163515.jpg

東京ドームとアトラクション群の間に立つと、
周囲360℃にとても懐かしいような景色が広がります。
「月のころは更なり」で、今夜はちょうど満月でした。

e0185243_483042.jpg

特に言いたいことがあった訳ではないですが、
そういう公開日記があってもいいかな、と思ってもいます。
[PR]
by sholitude | 2011-08-16 04:27 | 日記

負けたくないし頑張る



【℃-ute】
オレンジ→舞美
ブルー→なっきぃ
ピンク→愛理
グリーン→ちっさー
イエロー→マイマイ

【そのファン】
黒:solitude
ブルー:タクス

0:02、舞美ちゃん何頭身あるか数えたくなる
0:07、ちさまい、走り出すタイミングと走る速さが当たり前のように全く同じ
(マイマイの方が合わせに行ってるとも感じ取れることから伺える二人の関係性)

0:25、最初に「ようやく」を持ってくるだけで前にぶわぁーと世界拡がる
0:31、ピーターパンにしか見えなくなる
0:41、愛理聞いてる判ってる
0:42、マイマイ
0:44、ついになっきぃが正面から撮られたがり始めた、自信
0:46、なっきぃの方が恋したそう
1:01、「な、うちの4人可愛いだろ」って顔してる舞美
1:03、前髪の分け目が同じだったらと思うとぞっとする 逆が大正解
1:04、黄と青、今回の最強ペア
1:07、こんな足スタァーンて蹴れる?俺はやってみたけどダメでした
1:08、ちっさーの走り方 目が真剣
1:12、舞美ちゃんが早口言葉得意みたいなのが昔あった気がする
1:20、黄と青
1:27、「チャラい」の解釈が古い舞美
1:33、愛理と舞美のポーズが従来の逆
1:37、悔しそうじゃない
1:46、「だもん」は愛理ちゃんしかないです、たぶん
1:49、ひざ曲げないの素晴らしい
1:53、マイマイが深淵を覗くとき、深淵もまたマイマイを覗いている
1:56、これが3人の今を表すディファクトスタンダート
1:59、ちさまいのアイコンタクト 嫌なこと全部忘れる
2:00、こんな細かい演技ができるようになったら全員料理全然できなくていい
2:03、黄と青
2:06、ちっさーのいいソロ
2:13、正座+パンチ
2:15、これ最後のドミノ倒れないんじゃないのか
2:17、完璧 ペイント イット イエロー
2:18、サビ以外で5人一緒に歌ってるパートが長いのが新鮮だし嬉しい
2:24、帽子被ったまま寝転ぶと奥行きのせいで脱げるから最初から脱いでる
2:29、ユニゾンの中でメインが変わっていく、ちっさー今回は歌で立ってる
2:36、な、今回のメイン俺だろ
2:36、今回のPVどうしようって考える職業の偉い人ありがとう
2:38、こんな足スタァーンて蹴れる?何キック?弱?
2:50、「負けたくないし 頑張る」
2:52、大宮行って服を買うに聞こえる
2:57、マイマイが「かっちょいい」と思ったときの評価
3:01、ちさまい前、愛理ちゃん左
3:01、竹中半兵衛もここでちさまいを前列にもってくる采配には納得してくれる
3:06、JUMP
3:07、「"サボりたいとき"ってほぼ無いけど…」と思ってる舞美
3:18、なんだかよく分からないけど、やったー!!
3:26、あー今回のかっこいい担当は愛理なんだ
3:27、なっきぃのドミノの倒し方
3:31、なっきぃ一生懸命踊ってるけど誰も見てない感
3:51、ちっさーのかっちょいいの解釈
3:51、舞美にくるみを割る機械のCMこないかな
3:57、「ジェラシー」の計算された奔放さ
3:58、舞美ちゃん、先の振りがしっかり頭に入ってるからターンの後の次の振りに入るときの繋ぎが綺麗
4:10、舞美ちゃんのソロ、センターで終われる
4:16、ちっさーの流す感じ
4:22、足バタバタ可愛い
4:31、この流れでJUMP歌って欲しい
[PR]
by sholitude | 2011-08-16 03:59 | ハロー
新しい槍を覚えた。新しい戦いを手に入れたよ。新しい兵士のスペースに鳥の雛が潰された。それでもカティストゥータは明日飲む水のことを頭の上に浮かべています。明日も歴史を勉強して、予測しながら剣を振るいます。例え無様でも美しくあれ。
[PR]
by sholitude | 2011-08-11 00:14 | カティストゥータ
ここのところずっと、遠近公私問わず訃報に接することが多く、
なんとなく処し方が纏まってきたので
誰かの死を受け入れることについて書きたいと思います。

+---+---+---+
人と人の関係性において、誰かの死は役割の欠落を意味します。
次に、その人が担っていた役割が他の誰かに引き継がれたり
変化したり、消滅したり、ということが起きます。

例えば文通の場合、関係性自体が消滅することになることでしょう。
水遣りの場合、他の誰かが引き継げば良いですが、
彼が(彼女が)人知れず手入れしていた植物は枯れます。

そのように、欠かすことの出来ない役割は誰かに引き継がれ、
引き継ぎが不可能な役割、欠けてもよい役割は消滅します。
そのような整理が行われた結果、組織の総体的有りようが変化します。

+---+---+---+
誰かの死を受け入れる、乗り越えるというのは、
欠落した役割を静かに整理して、
関係性の変容を一つずつ認識し、自分を適応させてゆくことです、

文字にするととてもプラクティカルで、
「もう会えない」「声が聞けない」といった原初的で大きな穴は
そんな考え方では埋められない場合があります、

そんな時はただ悼むことをします。
悼むとは、死を嘆き悲しむことです。
方法は人それぞれです。

嘆き悲しみ続けていると、あるときは船が岸に着くように
またあるときは崖を飛び越えるように、
気持ちが行けなかった場所に行けるようになります。

+---+---+---+
ご多分に漏れず竜頭蛇尾の尻切れトンボですが、
まぁそんな感じです!ヌルハチ・ホンタイジです。
どんどん次に行く!
[PR]
by sholitude | 2011-08-03 22:35 | 雑記