指きりげんまん 嘘ついたら 遠くに引っ越す


by sholitude
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2011年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

たくちゃんが!

ぷはー!

前回までのあらすじ:
たくちゃんと会う約束をした

+---+---+---+
12時頃に桜木町の駅で待ち合わせ。

■桜木町で会いましょう編
向かう電車の中でお互いの特徴(服とか体型とか)を
メールでやり取りしてるうちに、だんだん緊張してくる。

マリオカートDSやってたんだけど
全く集中してできなくて、
キノピオがクッパ城の溶岩に落ちまくった。
キノピオごめん…。

俺の方が少し早めに着いて、改札で待ってたんだけど、
ちゃんと桜木町か不安になって駅員さんに「ここ桜木町ですよね」って聞く。
(改札の周りって、意外と「ここは何駅です」というサインが無いんです)

ややほどしてたくちゃんが来る。

狼やイベスレで何度も言葉のやり取りをしているし、
なんとなく判るだろう…と思ってたんだけど、
想像していた善良さを2段階くらい上回る風貌で
特徴聞いてなかったら判らなかったかも。

喋ったら完全にたくちゃんでした。
この辺りは興奮してて何話したかほぼ覚えてない。

やたら疲れているように見えたんですが、
話を聞くと22cのラジオに夜の3時頃まで出てて
ラジオが終わった後も5時頃までなんとなく喋っていたらしい。
良く新幹線間に合ったね…。

温故知新語で優勝したタッグマッチの話とかしながら、
動物園に向かう。途中にWinsとかあった。

■動物園は暑かった編
この日は本当に暑い日でした。
残暑というより猛暑。
そんな中、坂をザクザク登りながら野毛山動物園に安着。

e0185243_1782699.jpg

影inしてる。

たくちゃんはサイが好きとのことでしたが、
残念ながらサイは居ませんでした。あいつら固いから…

e0185243_179715.jpg

多分アビシニアコロブスというお猿さん。
白い毛が凄くて、かなり長く見ていました。

e0185243_17141367.jpg

これは…なんだっけ…
写真下手でマジごめん。

e0185243_17155011.jpg

これはわかる。これはキリン。
猛烈に可愛いです。
ちょうど餌やりタイムだったので、
普段見れない動物の表情がたくさん見れました。

フタコブラクダのつがるさん(めっちゃご高齢)が
餌食べるか…食べないか…食べるか…と5分くらい
にらめっこしているうちに、たくちゃんが「あついです」とギブ。
目が真っ赤で汗だくでした。寝不足でずっと日なたにいるのしんどいよね…。

日陰でカキ氷を食べて、少し休憩して復活。
ペンギンやモルモットも見たかったけど、ここは退くが得策。
シータクで中華街に向かいました。

今日はここまでー。
[PR]
by sholitude | 2011-09-23 17:30 | 日記
たくちゃんことタクス@狼ちゃんと会ってきました!
という日記です。

ブログに書かないでノートに書いてもいいんだけど、
自慢したいし、さっと読み返せるここに残しておきたいので
記憶が消えないうちにバーッと書きます。

+---+---+---+
まずたくちゃんが今回上京してくれた目的ですが、
これはもう、℃-uteのイベントです。

念のために説明しておくと、
℃-uteというのはたくちゃんと俺が
集中したり、時々力を抜いては、
またぐっと気合を入れ直しながら
結構長い間応援しているアイドルのグループです。

タイトルに書かせて頂きましたが、
今日9月10日は℃-uteの日です。

9月10日という日は、グループが結成された6月11日と共に
℃-uteを応援する人達にとっては特別な日になっています。

その日を記念するイベントが横浜ブリッツで行われ、
それに参加するべく上京したたくちゃんと、
夜公演が始まるまで横浜で遊び倒したという話です。

+---+---+---+
前説を書いているうちに23:50になってしまいました。

9月10日に投稿しないと意味無いので
とりあえずここまで!
続きいつ書けるんだろ…。

とにかく楽しかったです!
↓は動物園で見たキリン。
ちょうど餌やりタイムでした。

e0185243_23514122.jpg

[PR]
by sholitude | 2011-09-10 23:52 | 日記
冷たいお腹に手を当てる。
もし元気になれたら、私は大きなノートを買うと思う。色々なことを書きたい。

薄く輪切りにされたバームクーヘンの人生。

私が少し休みたいと伝えたら、座長は「カティ、もうずっと休んでいるじゃないか」と言った。
何一つ言い返せなかった。握るこぶしがどんどん白くなってゆく。
もし元気になれたら。もし元気になれたら。

仰向けの涙は点滴よりゆっくりと落ちた。この病院は天井が汚い。
[PR]
by sholitude | 2011-09-01 13:19 | カティストゥータ