指きりげんまん 嘘ついたら 遠くに引っ越す


by sholitude
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2012年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧



高校1年生の夏、アメリカにホームステイしていて
別れ際にホストファミリーから貰ったのが
Jars of Clayのセルフタイトルアルバムでした。

家でかかっていた曲を「This song is good~」みたいに言ったら
サプライズでプレゼントしてくれました。

実際好きな曲調だったけれど、
サビが「I want to fall in love with you」の繰り返しで
あっ!聴き取れる!という喜びもかなり大きかったと思う。

最初のホストファミリーが急に引っ越すことになって、
その家には4日間しか居られなかったんだけど
すっと受け入れてくれたことに凄く感謝しています。
(もちろん最初のホストファミリーにも)
[PR]
by sholitude | 2012-07-21 13:17 | 雑記
千葉PARCOが好きです。
福引が好きです。
だから、千葉PARCOの福引が大好きです。

あまたの商業施設に倣って、千葉PARCOは定期的に
「ウン千円買い物したらくじ引けるやつ」をやります。
つまり福引、人呼んで福の引き蔵である。(ジプシーキングスで幕引き)

千葉PARCOの福引ですが、
エスカレーターを下った2Fの踊り場でクジを引きます。
(1Fのときもある)

商業施設の1Fには、帰りしなの人や涼みに来たお客さんに
ちょろっと買い物をしてもらえるような、
低価格帯の小物を扱うテナントを入れるのが常だと思います。

昨年(か一昨年)の末等は「ガリガリ君」でした。
駄菓子屋に置いてあるでかいクーラーボックスから
お姉さんが笑顔で「どうぞ!」ってガリガリ君を渡してくれる。

夏にガリガリ君、嬉しいんですが、
キンキンに冷えたガリガリ君を2Fで受け取るわけです。
店内では食べられないよね、さすがに。

足早に1Fまで降りて、外に出るしかない。
コキュとかブルーブルーエを足早に素通りして、建物を出る。
小物もちょっと見たかったけど、アイスは待ってくれないのです。

商業施設の運営に関してはポンヌフの素人ですが、
これは絶対「間違ってるサマーセール」(曲名っぽい)ですよ。
1Fの店舗が売り上げ下がったとしても店長に責はないない。

+---+---+---+
という感じで楽しい千葉PARCOの福引、
今年の末等はティッシュか何かでした。無難。

で、下から二番目がこれ。
3発で引いてきました!(力こぶに手のひらを添えるポーズ)

e0185243_21575447.jpg


味は、よくわかんなかったです。

千葉PARCO、サイコー!
[PR]
by sholitude | 2012-07-02 23:34 | 雑記
捨てた。
捨ててやったもの、幾つかは帰ってきたけれど、また捨てて鍵をかけた!

いや、捨てさせられた。
灰になるまで、何も選べなかった、水の冷たさ、土の冷たさ、知らせたくなかったこと。立ち尽くす。

私は伝わるのも伝えるのも嫌いだから、いつも爪を切っているような一人の気分でいた。

それでも誰かの声を遠くに置いていた。私の名前を呼んでいたり、花火をやぁやぁと称賛していたり。何でも良かった。

そういったものを、また探して拾う。カティストゥータの新しくもない道。
[PR]
by sholitude | 2012-07-02 09:10 | カティストゥータ